Home 暗号プロセッサ OpenICF3


無料ドメインを取ってみた

これから無料ドメインを取得する人のために体験談を残します。

.tkドメイン

Dot TKは、検索エンジンで無料ドメインを調べると、一番有名なサイトです。サイトは、ある程度、日本語化されているので楽です。登録時は、DNSレコードのAしか設定できず、サブドメインも設定できませんが、登録後、ログインをするとMXレコードなどの設定やサブドメインの設定ができます。次のバナーから.tkドメインを取得してもらうと、私のポイントになるのでよろしくです。何度でも更新可能と書いてありますが、雰囲気的にずっと無料なんだろうと勝手に思ってますが、その辺は注意してください

この無料ドメインには次の制限があるようです。
・ドメインの所有権を持てません。
・スパムや違法なサイトで利用した場合、直ちにドメイン名が削除されます。
・複数年登録はできません。
・90日以内に25アクセスがない場合、ドメイン名が削除されます。

2015年4月16日追記
ここで取得したドメインの更新を忘れたため、再度、ドメインを取得しようとしたのですが、 なんと有料になってしまいました。理由は、ドメイン名が辞書に載っているような単語を使っていたり、短いドメインだからのようです。 なので十分に気おつけてください。更新期限は2週間あり、この期間内に更新すれば無料だったのかもしれません。
「A Special Domain is a domain that can only be registered for a fee, because the domain is short or contains a meaningful dictionary word. Special Domains are of Great Value!」

次のURLは、取得した.tkドメインで立ち上げたサイトです。よかったら見てください。
http://www.icanal.tk/

.gqドメイン

2014年12月1日より開始されるドメイン。詳しくは、Gonbei Domeinの このニュースを、ご参照ください。

.cu.ccドメイン

.cu.ccドメインは、検索エンジンでは、ここもよく 見つかります。永久無料ということで取得してみました。登録で注意しなくてはならないのが、 住所の入力です。なんと'-'が使えないのです。このことに気がつかづに断念した人は多いと思います。

DNSレコードの細かいパラメータまで設定できるところは、このドメインの特長です。
広告の目立つサイトですが、無料で安定したドメインを提供するには、そうであったほうが良いかなと思いました。 最大の問題は、Facebookに.cu.ccドメインのURLを載せようとすると完全にブロック されてしまうことです。

残念でしたがあきらめました。(2015年4月16日現在もNGでした)

.net.tfドメイン

.net.tfドメインは、Webを見る限りいいことずくめのことが書かれています。 なので取得をしようとしましたが、なんと.net.tfドメインのURLは、何度やっても接続できません。 どうしようもありません。このサイトと同系統のドメインは結構ありますが、この件で、全部、やめとくことにしました。

.cfドメイン

freenomでは.cfだけでなく.tkドメインも扱っています。 Dot TKとシステムは同じであることが判明しています。(freenomで登録したパスワードがDot TKのシステム から通知が来た)

ずっと無料みたいじゃないですか!とういことで取得してみました。取得するときの手続きでは Aレコードの設定しかなくサブホストの設定もできないのですが、ドメイン取得後、ログインを するとMXなどのDNSレコードの設定ができます。サブホストも設定できました。ただし 細かい設定できません。私のような初心者にはちょうど良かったですが。

登録して1週間ぐらいしたら取得した.cfドメインにアクセス できなくなったのでログインをして調べると、なんと取得したドメインが削除されていました。 しかも連絡がとれない。

ということで.tkドメインを取得することにしました。



AdMax広告