Home

Chromium OS
仮想PC版
USB版
QEMU版
旧バージョン
Google APIキー
紹介してくれた人


R48で止まっていますがQEMU版でR54をリリースしました。

Chromebookエミュレータ!? Canalビルド

自分の開発したChromeアプリの 動作をなんとか検証したいと考えChromium OSを試すことにしました。 Chromebookに搭載されるOSはChrome OSですが、そのオープンソース版がChromium OSです。 そこで自分でビルドすることにしました。Canalビルドと呼ぶことにします。 Canalビルドは、 こちら のサイトの記述を参考にして作成しました。非常によく解説されています。私もXの動作権限をroot にして解決しています。ソースのバージョンがあがったせいか、ここで説明されているスクリプト がなくなっています。ソースコードを直接、修正してXの動作権限をrootにしています。 デフォルトのままだと利用者が使えるディスクスペースは1GBしかなかったので 10GBに変更しています。

旧バージョンこちら

QEMU版はこちら

USB版はこちら



注意点

ここで公開するChromium OS Canalビルドのバイナリは完全無保証です。

Chromium OSは、Googleのアカウントが必須でパスワードを入力する必要があります。 誰が作ったバイナリなのかわらないと使いにくいかと思い、私の自己紹介ページとして
フェイスブックのURL
https://www.facebook.com/naoki.hirayama.37/about

動作について

Flashが含まれていません。mp4も含まれていないと思いますが YouTubeは再生可能です。Googleドライブは使えないようです。 VMwareはデフォルトでCPU 1個、メモリ1024MBですが、動画再生などは CPU 1個ではきついようなので2個以上を割り当ててください。 音声も再生できます。VirtualBoxもAC97の ドライバで音声再生は可能なのですが私の環境ではノイズがひどく使い物に なりませんでした

Google Driveは利用できないみたいですが、次のChromeアプリをインストールすることでDropboxは利用できるようになるようです。
File System for Dropbox

デジタル署名を検証してください

注意点に書かれているようにChromium OSはGoogleアカウントのパスワードの入力が必要です。 悪意のある攻撃者が改ざんしてGoogleアカウントを乗っ取るかもしれません。 公開しているバイナリにはデジタル署名(自家製)があるので必ず確認してください。 万が一のことがあっても責任はとれません。また大事なアカウントは、使わないようにしてください。

ここで使っているデジタル署名は デタッチサインサービスです。 詳細は、そちらを参照してください。

Canalビルドのバイナリ

デジタル署名を検証するための.dsfファイルのサイト番号は0002です。 DetachSignはVer1.2.0.4を使ってください。(最新はVer2.0.0.1)

vmxファイル

バージョンと仮想PC名トレントファイルと.dsf
安定版 R48 VMware(vmx)
x86_64 64bit

第1サイト CoreDrive

バージョンOSイメージと.dsf
安定版 R48 VMware
x86_64 64bit
安定版 R48 VirtualBox
x86_64 64bit

第2サイト Google

バージョンOSイメージと.dsf
安定版 R48 VMware
x86_64 64bit
安定版 R48 VirtualBox
x86_64 64bit

使い方

起動してしまえば、説明がいらないくらい簡単です。VMwareは、vmxファイルを使って 起動すれば、多分、動作します。VirtualBoxは仮想PCの設定によっては動作しません。 ネットワークカードの種類に注意。CPUのPAEは有効にしてください。 ネットワークカードについてはインターネットで検索すればでてきますがe1000を使うと いいようです。

サポート

メールツイッターでお願いします。

必ず返信するかどうかわかりませんし、Chromium OSにも詳しくないことを、ご了承ください。

紹介してくれた人

もし、よろしければ、このChromium OS Canalビルドをブログで紹介してください。 紹介してくれた人のページにリンクをいたします。


AdMax広告


AdMax広告